5.肛辱絶頂による屈辱

【オリジナル官能小説】 気高い美人女医師の陥落



壮絶な連続絶頂により失神してしまった麗華を見つめながら
若菜達は次の調教の準備をする・・・。

「ふふ・・次は後ろね・・これをされると女はみんな負けを認めるわ♪」
「そうですよね?だってお尻ですもんね・・。」

失神している麗華の後ろの秘穴にローションを塗りこみ・・
パールの玉がいくつも連なっているアナルバイブをゆっくりと挿入していく。

全身の性感帯(乳首、クリ、脇の下、内腿)にはローターが貼り付けられ、
麗華の快感をコントロールするのは簡単な状態である。

「んぁ・・うぅん・・ぃやぁ・・」

しばらくして失神から目を覚まし始めた麗華は
置かれている現状を思い出し、思わず涙目になってしまう。

「もぅ・・帰してよぉ・・・ぃやああっ!!」





「クス・・先生!?これからもっともっと幸せな瞬間が来ちゃいますよ♪」
「そうよ麗華・・せっかくだから経験させてあげる・・」

安奈とみゆきは先程までと同様に麗華の体へ愛撫を始める・・。
若菜はリモコンを手に、麗華の快感を頂の手前まで高めていく・・。

「今度は何をするんだい!?」

近藤が若菜に問いかける・・。

「ふふ・・見てればわかるわ・・女性にとっての最高の快楽よ♪」

若菜の意味する最高とはプライドも羞恥心も全てを凌駕したところに
存在してしまう快楽を貪る動物的快楽のことだ・・。

「あぁっ・・んあぅ・・ふああっ!!ぃやぁだ・・ああぁぁっ」

会話は耳に入っている麗華だが、相変わらず身動きの取れない全身と
安奈とみゆき、ローターによる刺激により快感は嫌でも高まってくる。

「だめぇ・・ぃやあっ・・お・・お願い・・ああぁぁっ・・もぅもう・・・」
「ああっ・・ま・・また・・が、我慢が・・で・・きなく・・」

「大丈夫よ・・麗華・・達しないようにしててあげるから・・・」

若菜は絶妙なリモコンコントロールと安奈とみゆきによる刺激を
麗華の絶頂寸前でコントロールしていく・・・。

「クス・・そして後ろで遊んであげる♪」
「若菜さんったら意地悪ですね・・笑」

みゆきは若菜の合図に笑いながらうなずき・・アナルバイブを握る・・。

そして、一つの玉に5秒はかけながら、
ゆっくりと出し入れしていく・・。

「ぅうああっ・・んぅぅっ・・いぃや・・・いやあっ!!」

時間をかけた出し入れは嫌でも排出感を想像させてしまう・・・。
通常では考えられない快感だが、全身の刺激と同時にされているため、
麗華を精神的にも肉体的にも追い込んでいってしまう・・・。

「あぁぅ・・うぅああっ!!ふぁぁん・・・」

「あらあら・・麗華ったら良い声を出しちゃって・・気持ちいいの!?笑」
「後ろでも感じちゃってるんですか~!?麗華先生!?」

強い快感を感じてしまう後ろへの責めは女性にとっては
非常に認めがたいものである・・。

人間は本能的に排出も快感であり・・、
確実に後ろでも絶頂を迎えてしまうが
一般の女性にとってそれは許せない絶頂である。

「ち・・違うわっ!!かっ・・感じて・・な・・い・・ああっ・・ぅくぅ」
「ぃやあっ・・あああっ・・やぁぁっ・・・」

「ふふ・・ならいいけど・・答えはすぐ出そうね♪」

みゆきの抽出が少しずつ速度を増していくにつれて、
麗華の声の高さも変わってくる・・・。

「ひぃぃ・・ああっ・・あぁぁ・・だっ・・だめ!!」
「ぃぃっ・・いやぁ・・嫌ぁぁ・・嫌なのっ・・!?」

「クス・・どうしたの麗華!?感じてないんじゃないの!?」

「だぁ・・んあぁ・だめぇっ!!ひぃ・・お願いぃ・・」
「も・・もう・・これ以上は・・・・・」

「あはっ♪先生ったらどうしたの!?お尻の穴で出し入れされて・・!?」

全身の刺激もあるのだが、言葉でお尻を強調されると・・・
あたかもお尻の穴で快感を与えられるている感覚に陥ってしまう。

「だ、だめ・・!!いやぁぁ・・んくぁ・・ふぁぁ・も・・もぅ・・だ、だめなの!!」

「だめって何が?先生・・今の刺激ってあの時と同じですよね?笑」
「クスクス・・麗華はそんな時でも感じちゃうのかしら!?」

「ぁぁ・・ぃいやぁ・・だ、だめ・・も・・もぅ・・んくぅ・・ぃやぁぁ!!」

女性としてのプライドが絶頂を必死になって我慢させようとするが・・、
巧みな言葉責めで精神的な愛撫を受けることで、
絶頂のレールに乗ってしまいそうになる・・。

「も・・もう・・本当に・・だ、だめなの!!」

「我慢できないんですか!?先生・・後ろを責められて・・笑」
「ふふ・・そんなに気持ちよさそうに喘いじゃって・・笑」

「っあぁぁ!!む・・無理なの!!が・・我慢が・・」
「んぁぁ・・で・・でき・・ぅう・・ぁぁあん・・ないの!!」

後ろの穴をパールが出る瞬間に全身の筋肉が弛緩してしまい、
その排出の開放感に今までにない性感を呼び起こしてしまう。

「麗華・・どこで感じちゃってるの?ちゃんと教えなさい・・」

「いやあぁぁ!!んくぅぁ・・あぁ・ああん・・いやぁ・・」

抽出されるアナルバイブによって・・、永遠と続いている排出感。

麗華が今受けている感覚は・・
下痢で排出を我慢していたときや便秘になっていた時、
それから開放されるときのトイレでの恥ずかしい開放感を
思い浮かべてもらえば察するのは容易だろう。

絶頂寸前の状態で性感を維持されながら・・、
経験の浅い性感帯を継続的に言葉と同時に責められては
麗華にはどうすることもできない・・。

麗華の心『くぅ・・んくぅ・・言いたくないのに・・もう余裕が・・』

「ぃああっ・・しり・・よぉ・・ぉお・・お尻でよぉ・・ああぁぉ!!」

麗華の心『だ・・だめ・・もう耐えられない・・お尻でいっちゃう・・』   

女医としてのプライドや女性としての羞恥心を破ってしまう瞬間が
確実に近づいてきてしまう・・・。

「ふふ・・お尻で出し入れさせて達しちゃうなんて・・笑」
「先生ったら・・どこまでいやらしいんですか!?」

最後の抵抗も空しく・・完全に絶頂へと向かい始めてしまう・・麗華。

「限界なんでしょ!?麗華・・達しちゃいなさい・・お尻での絶頂に!!笑」

「っいぃ・・いくっ!いっちゃう!!ぁぁああ・・いやぁお尻でっ!!」

「お尻を遊ばれながら我慢できなくなる淫乱な麗華先生♪」
「ふふ・・天国に連れてってあげますよ♪」

「ぁぁあっ・・ぁぃいく・・いくっ!!お尻でいっちゃうっっ!!」
「あぁぁああ・・いくっくぁぅぁぁああっっ!!」

麗華はついに・・お尻を嬲られ全身を硬直させるとともに・・
尿道口から少量の美液を放出させながら溢れんばかりの愛液を
撒き散らし屈辱の瞬間を迎えてしまう・・。

「ふふ・・何度でもお尻と排出の快感を味わうといいわ♪」
「お似合いだわ・・麗華には・・・!!」

お尻での絶頂を覚えさすために何度もアナルバイブによる絶頂を
繰り返す・・しかもバイブにはホースがついていて・・
絶頂の度に浣腸液を流し込める仕組みになっている・・・。

もちろん、麗華には気づかれないように注入することができる・・。

「ふふ・・もう少しで崩壊させてあげるわ♪」

嘲笑うように絶頂の余韻に浸る麗華を若菜は見下ろし・・・
安奈とみゆきはその後も麗華を責め続け絶頂のたびに注入を続けていった・・。


↓NEXTストーリー↓

【オリジナル官能小説】 
気高い美人女医師の陥落 
~ 6.屈辱のお漏らし絶頂 ~
★続きを是非ご覧ください★




関連記事
タグ