3.男を虜にする魅惑騎乗

【オリジナル官能小説】 淫靡な年上女性の腰使い







「・・っ!?んぅ・・んんっ・・ぇえっ・・」

かすかな息苦しさから僕は眠りから目を覚ました・・・。
目の前には沙紀さんの綺麗な顔・・・。
シーツを上に僕にまたがって唇を重ねあっていた・・・。

「えっ!?沙紀さん・・こ・・これ・・!?」

慌てて目の前の出来事を理解しようとする・・。
気がつくと両手は後ろでバスロープの紐で縛られている・・。
バスローブの中はもう下着もつけていない・・もちろん沙紀さんも・・。

「ふふ・・可愛い寝顔だったから思わずいたずらしちゃった♪」
言い終わると沙紀さんは再びピンク色の唇を重ねてくる・・。

明け方の男性独特の変化と昨夜の誘惑に必死に耐えてきた僕は、
綺麗な年上の女性の色気に否応なしに反応してしまう・・。

舌を絡める濃厚なディープキスと、両手による耳への絶妙な愛撫に
僕の下半身はすっかり硬く反り返っていた・・・。

気がつかれないようにそっと腰を引く僕の心情を見透かしたように、
腰をすり寄せる沙紀さんは耳元でそっと囁いた・・。

「クス・・若いのね♪・・こんなに大きくしちゃって・・笑」
「だっ・・だってそれは・・・沙紀さんが・・・」

「ふふ・・我慢すれば良いじゃない♪取引先の相手なんだし・・・」

一番気にしていることを・・微笑みながら言葉にされる・・。
2人のバスローブが乱れていき・・沙紀さんの両手と舌が
いやらしく全身の敏感な部分を刺激していく・・。

「くぅぁ・・あぁ・・ふあっ・・さ・・沙紀さん・・」

耳からうなじ、乳首からお腹、内腿にかけて・・
触るか触らないかというような微かな刺激が僕を責めたてていく・・。

全身を刺激しながらも下半身の中心にある反り返った部分を
羽で触るかのように刺激し続けられる・・。
ただでさえ敏感な寝起きに体中の性感帯を刺激されてしまう・・。

妖艶な笑みを浮かべながら目線を合わせてくる沙紀さんの絶妙な責めに
僕の下半身からは我慢汁が溢れ出し・・お腹の上に滴らせる・・。

「うふ・・もうこんなに・・いやらしいお汁が出ちゃってる・・」

沙紀さんは自分が責めているときは絶対に相手の急所から
手を離さない・・我慢汁がローション代わりになって快感は増していく・・。

それから数分間・・決して上下に刺激されているわけではないのに、
体中の性感と露出した部分をゆっくりと刺激され続け・・
僕の快感は高みが見え始めてしまっていた・・・。

「ああぁっ・・さ・・沙紀さん・・だめっ・・」
「ふふっ・・可愛い♪」

勝敗はすでに決していた・・どんなに耐えようとしたところで・・
僕は沙紀さんから与えられる快感に絶対に敵わない・・

沙紀さんは大きくなった僕の下半身を口に含み・・
達する寸前の強さで何度も限界近くまで快感を押し上げる・・・。

「ぅうあっ・・もっ・・もうだめだってっ・・がっ我慢が!!」

本当に責めの上手い女性はこの加減が最高に上手い。
何度も我慢させることで快感を倍増させ、男の羞恥心も煽っていく・・。

「クス・・まだまだこれからよ♪もっともっと気持ちよくさせてあげる・・」

耳元で色っぽく囁くと沙紀さんは僕に唇を重ねてくる・・・
同時に僕の下半身に暖かい温もりを感じる・・・

(入っちゃう・・でも今・・中に入れられたら・・しかも生で・・)

「んんっ・・んふぅうっ・・んんっぅあっ・・・」
「あぁっ・・ふあんっ・・くぅぅっ・・ああぁっ」

二人の甘い吐息が重なり合い・・沙紀さんのゆっくりとした
長いストロークが僕を甘美な世界へと誘っていく・・。

「あっあぁぅ・・ふあぁ・・くぅぁ・・もっもう・・だ・・だめ!!」

何度も同じ言葉を繰り返し訴える僕に・・
果てさそうとすればいつでもというように微笑みながら
絶頂手前で何度も絶妙な刺激と言葉を与える沙紀さん・・。

「ふふ・・まだだめっ♪我慢してねっ男の子でしょ!?」

沙紀さんの温もりが僕を包む・・・シーツをかけて中にいる二人・・
密着感が高まり・・絶頂寸前の快感だけが継続して僕を襲う・・。

「だめよ♪中でお漏らしなんて・・我慢しなくちゃ!!笑」

「もぅ・・もう限界なのっ・・お・・お願い一度抜いて・・!!」

「だ~め!!我慢できるようになるように特訓してあげる♪」

腰を回すようにいやらしく動かす沙紀さん・・・
男は上下の刺激には弱いが何とか前後左右なら耐えられるから・・。

「こんなにゆっくりなのに我慢できないの!?エッチな子・・笑」

「ふぁあっ!!くぅぅ・・くぅぁあっ・・そ・・それでもっ!!」

刺激が継続的に与えられるため、快感がある程度の高さから
降りてこない・・一度我慢できてもすぐに堪えきれなくなる・・。

そんな刺激を数十分も繰り返され・・完全に快感の虜に
なってしまっている僕・・。

騎乗位の上手い女性にシーツの下の密着した空間で、
こんな快感を与えられた20代前半の男が虜にならないはずがない・・・。

「うふっ・・本当に可愛いわっ・・。」
「ほ~ら♪じゃあ動かさないであげるからっ・・・」

ほっとする僕にそう言いながらも意地悪く笑みを浮かべる沙紀さんは
中をキュっと締め上げる動きをゆっくりと繰り返していく・・。

今までの快感とは逆にこの程度でも感じてしまう自分に恥ずかしさを
感じながらも快感はゆっくりと高まってくる・・・。

「うぅ・・動かさないで・・!!もうっでっ・・出ちゃいそう・・」

「動かしてないわよ♪これくらい我慢できなきゃ♪♪」

感じている僕の様子を楽しむように・・沙紀さんは・・、
余裕のない僕に言葉で快感を刻み込んでいく・・・。

「もうっ・・もう出ちゃうの!!いっ・・いっちゃう・・抜いてっ!!」

沙紀さんは意地悪に段々と絶頂が近づいてくる重ねて囁きかける・・。

「ふふ・・いいの!?中に出しちゃってもっ♪♪」

当時の僕は度胸もなく・・女性の中でなんて出したこともなかった・・。

「やっやだ!!うぁっ・・抜いて・・沙紀さん・・お、お願い!!」

「だ~め♪我慢するかお漏らししちゃうかだよ♪ほ~ら・・どうなのかな!?」

「中にお漏らししちゃったら・・赤ちゃん出来ちゃったりして・・笑」

沙紀さんの耳元での言葉責めに快感は寄り道することなく絶頂へと昇っていく・・・。

「あぁああっ!!もうだめっ・・ぃくっ!いっちゃう!!出ちゃうよ・・」

「ふふ・・じゃあ・・恥ずかしいお顔見ててあげるわよ♪」

「動かさないでも我慢できなくなっちゃうのね♪♪」

沙紀さんは中の締め付けを強くしていき・・
同時に腰の回転を大きくしていく・・
完全に快感のレールを走り出してしまう僕・・。

「嫌だっ・・うぁああっ・・もぅ・・もう出ちゃうっ・・いく!いくぅぅ!!」
「さ・・沙紀さんっ!!・・いくうぅっ・・くうぅぁぁああっ!!」

僕の絶頂の合図とともに上下にも刺激を加え始める・・
焦らし続けられて味わった分の快感が凄まじい絶頂感として満たされていく・・。

沙紀さんの中で・・断続的に射精を続け・・腰を痙攣させるように・・
僕は当時までで最高の絶頂を迎えた・・・。

「あぁぁあっ!!さっ沙紀さん・・き・・気持ち良すぎちゃうっ!!」

目と口が半開きの状態で僕は沙紀さんを見上げた。
沙紀さんは優しく・・そして妖艶に微笑みながら・・・。

「私も感じちゃってる・・本当に可愛いっ!!」
「クス・・私の体忘れられなくさせてあげる・・・♪♪」

沙紀さんは僕の大きくなりっぱなしの下半身を抜かずに、
僕の絶頂の息が整うまで・・騎乗位のままゆっくりと腰をくねらせていた・・・。


↓NEXTストーリー↓

【オリジナル官能小説】 
淫靡な年上女性の腰使い
~  4.刻み込まれる快感記憶 ~
★続きを是非ご覧ください★




関連記事
タグ